PlayStation®Portable

ゲームシステム

全権監督

監督の能力について

ゲームスタート時の監督プロフィールの基本情報画面。まだ、無名の駆け出し監督なので、能力を表すパラメータも小さい。

前作『サカつく7』に引き続き、『サカつく8』のプレーヤーの役割は、クラブの経営や人事、育成のすべてを任された"全権監督"!
監督自身にも成長要素があり、プレーヤー自身(監督)を成長させることができます。
監督の能力には「育成」「采配」「人望」「交渉」「経営」というカテゴリーがあり、各カテゴリーのスキルを習得することで能力がアップ!
また、クラブの成績や公約の達成状況によって「名声」の値が上下し、「名声」値が高くなれば、強豪クラブからのオファーが届くようになります。

監督の成長について

監督はクラブ運営や公約の達成状況によって評価され、その内容によって経験値やボーナスポイントを得ることができます。
その経験値やポイントを使って、監督能力(「育成」「采配」「人望」「交渉」「経営」「名声」)に関連したスキルを獲得することができます。
スキルを獲得すれば能力が上がり、ゲームをより有利に進めることができます。
監督の「特徴」とは?

「特徴」を習得すると、各分野の行動で有利になります。
例えば、海外とのコネクションが強くなる特徴を習得すれば、その地域の選手のリストアップが効率的に行える、などです。
これらの特徴は、監督としての経験を積むことで手に入る「経験値」を使って習得することができます。

ボーナスポイント=経験値

ボーナスポイントを割り振り、新しい特徴を習得していくことができます。
習得したいものにボーナスポイントを割り振ってください。
ここで残ったボーナスポイントはゲーム中に持ち越され、経験値となります。

スキルを獲得していくことで監督の能力を成長させることができます。
ひとつの能力を重点的に伸ばしていくか、それともバランスよく満遍なく伸ばしていくか、ユーザーによって監督の個性を出すことができます。